facility

管理施設

宮城県仙台市

せんだい農業園芸センターみどりの社

平成元年の開設以来、市民に親しまれてきた仙台市農業園芸センターは、東日本大震災による津波で大きな被害を受けました。仙台市では「市民が農と触れ合う場」としての役割を継承するとともに、収益性の高い農業推進を支援する拠点施設として再整備を進めてきました。新しい施設の愛称は、公募により「みどりの杜」に決定しました。今後は、四季折々の花や植物が楽しめる憩いの場とするとともに、さまざまなイベントを開催し、市民が農業や食に触れ合える場を目指します。仙台市農業園芸センターは、平成28年4月より、農と触れ合う交流拠点を「日比谷アメニス・日比谷花壇共同事業体」が、収益性の高い農業推進拠点を「仙台ターミナルビル㈱」がそれぞれ運営を行っています。

ホームページはこちら
トップへ戻る