facility

管理施設

神奈川県鎌倉市

神奈川県立大船フラワーセンター

昭和42年(1967年)に神奈川県農業試験場の跡地に開設された植物園。農業試験場で研究・改良されていた、玉縄桜(タマナワザクラ、ソメイヨシノを改良した早咲きの品種)やシャクヤク・ハナショウブを中心に国内外の観賞植物が展示物として集められています。展示物/施設の改善・付帯施設の更新・老朽化対策等のため、平成29年7月3日から平成30年3月31日まで一時休園していましたが、シャクヤクやボタンのエリアを広げるほか、エレベーターの新設やスロープの拡張などのバリアフリー対策を施して平成30年4月リニューアルオープン。親子で楽しむフラワーアレンジメント教室、各種栽培教室、展示会などお客様参加型イベントの充実を図っています。
平成30年4月より、アメニス大船フラワーセンターグループ(株式会社 日比谷アメニス、公益財団法人 鎌倉市公園協会、株式会社 日比谷花壇、相鉄企業 株式会社)が指定管理者として管理運営を行っています。

ホームページはこちら
トップへ戻る