facility

管理施設

宮城県気仙沼市

気仙沼市 東日本大震災遺構・伝承館

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館は気仙沼市の南側、三陸復興国立公園・岩井崎にほど近い場所に平成31年3月10日にオープンしました。
津波で4階まで被災した気仙沼向洋旧校舎を「震災遺構」とし、新設された「震災伝承館」では地震・津波の脅威を伝える大型スクリーンで震災前後の映像上映、そして今の気仙沼の様子を伝える展示コーナーを併せて公開しています。
市における東日本大震災の記録や教訓を地域の方々と協力しながら伝承活動を行い、「目に見える証として」後世につなぐ架け橋として警を鳴らし続けています。また市民の方々にも積極的に活用していただけるように施設を有効に活用した文化活動や生涯学習の実施を活用し、地域住民間で交流できる場を提供します。

ホームページはこちら
トップへ戻る